【中1長女】公文英語を退会しました

長女の家庭学習記録

長女が小6から始めた公文英語ですが、退会しました。
色々と理由はあるのですが、一言で言ってしまうと中学生にとってバランスが悪いからという感じです。

◆月謝とのバランス
 公文は中学生になると月謝が上がります。
 我が家は首都圏ではありませんので、8,100円
 小学生の時は7,020円なので1080円UPですが、教材等々なにも変わらず。
◆中学生の生活とのバランス
 最終入室時間が18時半だったので、中学生にはなかなかキビシイ。
◆高校受験で必要になる内容とのバランス

小6スタート 公文英語 進捗報告

長女が公文を始めたのは、小6の5月半ば。
完全な初学者なので、D教材(4年生相当)からスタートです。

D教材 繰り返しなし 1巡で終了。所要期間1ヶ月
E教材 繰り返しなし 1巡で終了。所要期間1ヶ月 
F教材 繰り返しなし 1巡で終了。所要期間1ヶ月
G‐Ⅰ教材 50枚ずつ繰り返し。2巡で終了。所要期間2.5カ月
G‐Ⅱ教材 50枚ずつ繰り返し。2巡で終了。所要期間2.5カ月
H‐Ⅰ教材 50枚ずつ繰り返し。
     2巡で終了テストを受けましたが、本人が不安がるので1巡追加。
所要期間3ヶ月
H‐Ⅱ教材 50枚ずつ繰り返し。HⅡ-100で退会。

どうせ辞めるんだったら、H-1教材の3回目の繰り返しをしないで、H‐Ⅱを完走させたかったかな。

公文英語については、概ね満足しています。
長くなりそうなので、公文英語のメリットデメリットについては別記事にします。


PAGE TOP