【小3次女】模試の結果が返ってきた

次女の家庭学習記録

うちの次女。
なーんか分からないけど、とっても育てにくい子。
かといって、なにか特性を持っている訳でもなさそうなんだけど…。

先日、とっ散らかった子ども部屋を片付けなさい~!と私がカミナリを落とし、イヤイヤ片付け始めた次女。一緒に片付けながら、私は小言をブツブツ…。でも、なんだか手応えがない。

母 「ねぇ ちゃんと聞いてる?ほんと馬耳東風」

 次女「え??なに?? バジルと豆腐???」

「馬耳東風」って四字熟語の意味は知らないみたいですが、小言を言われてるって分かってて、こういう茶化したこと言うんですよね。別に普段の会話だったら、おもしろいコト言うねーぐらいなのだけどねー。叱られている時に、面白い返しは不要です。
「馬耳東風」はキチンと辞書引いてもらいました😤

模試の結果が返ってきた

この時期に模試の結果…っていっても、四谷大塚の全国統一小学生テストではなくて、関西ローカルの馬渕教室の小学生統一テスト。一応、関西最大級らしいけど?
出題は、教科書レベルを大幅に超えることはなし。ドラゼミと似たようなもんかな。平均点が算数73点、国語70点

模試の当日にザザっと解きなおしをしているので、結果にはそれほど興味がないのだけど、国語の結果が思ってたのと違う。採点内容を見てみたら、あらビックリ。
接続詞の問題。記号で答えるべきところを、記号と選択肢の内容を併記しちゃってる。
正解が「エ」なら「エ」と書くべきところ、ご丁寧に「エ・しかし」「ウ・そこで」って書いてしまっているので、大問1つ 20点分落としてる😱 答え自体は全部あっていたのにね。ここで間違えなければ、ランキング入りできたのにー。
長女とは違って、読解は得意な様子。

国語が大コケなので、偏差値的には算数の方が上だけど…。
落した問題は、問題よく読んで、もう1回解いてごらん?って言ったら解ける問題ばっかり。読み込む力が足りない。
読解が得意っていうことと、矛盾するようだけど、小3の国語はまだ雰囲気で読めてしまうからねー。

わたし的には「だーかーらー言ったじゃんっ!!!」なんだけど。
きちんと読めば解けるっていっても、本人に読む気がなけりゃ まったく進歩がない訳で…。
きっといつまでも、悩まされるんだろうなー。


PAGE TOP