【小5長女】馬渕教室 公開テストが返ってきた

ママ塾開講中

1/14に受けた馬渕教室の公開テストが返却されてきました。

馬渕教室の公開テストを受けたのは、12月に続き2回目です。


前回はじめて受けた時は、今まで経験したことがない難易度に、テンパってしまって、国語と算数どちらもふわーっとしたまま受けてしまったかなーという印象。

今回は2回目ということで、すこし地に足つけて受けてきたかなって感じです。

算数

算数は前回よりも進歩した印象です。

といっても、前回は角度が範囲に入っていたので全体の平均点も抑えめ? 今回は前回よりも 平均点が5点UPしていました。
ちなみに、長女さん 前回よりも16点UP

落とした問題のうち、2問は正答率5% 17%程度 正答率が低い順に2問。
解説を読んで、一応は理解していたようですが、いまの長女が初見で解くのはちょっと無理かも。
それ以外の問題は、簡単な計算ミスや問題文の読み込み不足というところ。「あーもったいない!」という感じ。それも含めて実力ではあるものの、ここは伸びしろということにしておきましょう。

国語

国語は前回も今回も変わらずの低空飛行…涙
算数が、解いてやるぞ!っていう意欲が感じられましたが、国語は前回同様ふわふわーっと解いちゃった印象です。

漢字

安定して取れているのは、漢字のみ…汗 漢字が得意じゃなかったら、エライこっちゃです。

漢字以降

・主語と述語を問うもの
・熟語の同意語を問うもの どちらもポロポロと落としてます。
こんな問題は落としちゃだめだよ!とは思うもののー。うーん実力通りか…。

読解

前回も思いましたが、馬渕教室の読解の問題はまず文章がムズカシイ!
ドラゼミの教材よりだいぶ大人っぽい文章が出題されています。長女の実力では読むだけで、イッパイイッパイだろうなぁ…という感じではあります。文章と問題が別ページなのも、長女にはキビシイな。

文章が難しかったり、文章と問題が別ページであったり、長女には解きづらい問題であるにも関わらず、長女が解いた問題用紙はキレイなまんま。ふわふわーっと読んでしまって、精読できていません。
ママ先生が監督のもと、声を出さなくても良いから音読しましょう。わからないところは何度も読み返して、意味を理解しながら読み進めること。と約束をしてから、問題を解いてみると、きちんと正解を導ける問題が増えていました。
出題文を汚しながら問題を解く練習をしたら、もう少し結果は出そうな…気がする。いや違う。結果でろ!

まとめ

模試の後、すぐに問題は解きなおしているので、点数自体は驚きもなにもなし。
いわゆる偏差値も、こんなもんかーこんなもんだねーと残念がるでもなく、褒めるほどでもなく…。
ま。こんなもんですな。
次いこ!次!!


PAGE TOP