コストコ牛肉対決 リブフィンガー中落カルビ編

お買い物

我が家のコストコ牛肉対決。
自宅で食べるなら、ミスジ or 肩ロース どちらかお得に買える方。
BBQなら肩ロース一択! というのが、お決まりなんですけれどもー。

焼肉ではなくて、煮込み部門でリブフィンガー。

こんな風に売られてます。

リブフィンガー あばら骨とあばら骨の間?
中落ちカルビとも呼ばれているようで、スジ切りすれば焼肉用で食べられます。
スジ切りして中落カルビとして食べたこともあるのですが… やっぱり手間がかかるので、メンドクサイ!!!
手間をかけてまで是非とも食べよう!という程…のお味ではないので、焼肉用ではもう買わない。
今回は煮込み用のお肉として買いました。

リブフィンガーのお肉を湯通し→ 下茹で → 味付けをして煮込み (ここまでお肉はカットせず)→ お肉カット・煮汁をにつめて片栗粉でとめる。

個人的に、牛バラ肉の煮込みが大好きです☆
中華街のお店で出てくるような、濃いめ甘目のお肉がご飯の上にドーン!!みたいな。
そういうイメージです。

以前に、肩ロースのかたまり肉で作ったこともあるのですが、肩ロースのお肉は煮込むと硬くなってパサパサしてしまって、私が食べたいそれではなかったです。リブフィンガーについているスジの部分が煮込んでもぷるっとしているし、煮込んでもパサパサしないのが良かったです♪

同じような味付けで牛スジで作っても美味しいのですが… 最近は牛スジもすごくお値段が高くなりました。スジなのに、ふつうのお肉とたいして変わらないんじゃない? いや、スジだから、この値段なのか???
いずれにしても、買う機会が減ったのは確か。

湯通しですが、牛筋はなんかいもゆでこぼす必要がありますが、リブフィンガーは1回でOKでした。牛筋のぷるぷるっとした感じやこってりしたのがお好きな方にはもの足りないと思いますが、肉っぽい食感があるリブフィンガーの方がお腹の満足感は高いかも。

リブフィンガーお値段すごく安いですので、是非お試しください♪


PAGE TOP