【小2次女】 この夏は「きらめき算数」を頑張った!

ママ塾開講中, 次女の家庭学習記録

この夏のブームは、コードブルー

この夏 我が家では、ドラマのコードブルーが大ブームでした。

「これが終わらないとコードブルー見られないよ!!」
って言うと、普段だったら嫌がりそうな課題でもさっさと頑張るという状態でした。

TVerの無料視聴で、season1も2もスペシャルもぜーんぶ見ちゃいましたし、season3の放送が終わってしまって…。

私は何をエサに子どもたちを釣れば良いのでしょうか…(← そこ?)

次女には藤川先生がたまらなくツボだったようです。
藤川先生はお気に入りのまま、冴島さんが優しくて好き♪と言っていたのですが、最終的には白石先生になりたい!と。
ということで、次女の将来の夢ですが…

「ドクターヘリになりたい!!」

いやいや…フライトドクターだろ!と思うのですが。

その横で長女は「お医者さんになるの、めちゃめちゃ難しいんだよ…」と現実的なことを言っています。
次女は「ドクターヘリになれなかったら、スターバックスの店員さんになる♪」と言っています。

スターバックスの店員さんには、この週末にキッズバリスタ体験があるので、そこで夢を叶えてもらおうかと思います。
↑ 次女に医者になって欲しいから誘導している訳ではないです。
でも次女が医者になったとしても、ぜーったい診てほしくない。ましてや手術なんて絶対にイヤだー!
 医者にならないほうが、世の平和のような気はしています。 

ちなみに、長女の将来の夢は「小学校の先生」 小学校1年生の時の先生が大好きで、それ以来ずーっと言っています。
(とんでもなくいい加減…っていうか、かる~いゆとり世代な感じの先生だったので、親的にはイマイチだったのですが…)

次女が夏休みに頑張ったこと

この夏、次女にはそれほど負荷はかけていなかったつもりです。
ドラゼミだけは最低限やってね!と。
九九の先取りをしようかと思いつつ、やらなかったし、学年相当の漢字を終わらせようと思いつつ、出来なかった。

とはいえ、長女が勉強している時間に、次女を放置してタブレット三昧になってしまうのもねぇ…と思っていたので、そういうタイミングでは「きらめき算数」をオススメしていました。
なかなか解けなくて泣きが入って投げ出したこともありますけど、その反対で猛烈にエンジンがかかって2時間ぐらい解いてる時も…。

青い本の1/4ぐらい残っているかなぁ…という状態で、夏休みがスタートしました。

7月中に青い本を終わらせて、2.3年生用の赤い本に突入!しました。

ちなみに、この赤い本は長女のお下がりです…汗
長女はとにかく「きらめき算数」が大嫌いで、5-6問は解いたけど、その後は「解いたら?」っていう度に機嫌が悪くなるから封印したのでした。

私自身は、常識にとらわれるタイプなので「前から解くのが当たり前」と思ってしまうのですが…
次女は、パラパラっとめくって自分が解きたい問題、自分が解けそうな問題から解いていきます。
レベル別に ★ ★★ ★★★ になっているのですが、とりあえず★からぜんぶやっつけていく方法で青い本は1冊終わらせました。赤い本は長女の続きなので、初めから順番に解いていましたが… やっぱり辞めた!と、★から攻略しています。

★の数は目安であって、例題をきちんと落とし込むことができたら、★★★でも意外と簡単に解けちゃうこともあるのですけれども…
★★★っていうだけで、最初から戦意喪失する子もいるみたいで、分からないように★を修正ペンで消しちゃうっていうエピソードも聞いたことがあります。

学校が始まってしまうと、なかなか取り組む時間がなくて、9月に入ってからは停滞していますが… また時間をみつけて、解いていって欲しいなーと思います。

ちなみに、きらめき算数をやるのに、フリクション色鉛筆は絶対にあった方がイイ!

消しゴムで消える!っていう色鉛筆でも、なんとなーく色が残ってしまって、試行錯誤している間に訳がわからなくなってしまうのですよねぇ…涙
長女の時にフリクション色鉛筆があったら、違ったのかしらん。

ちなみに、あれほど「きらめき算数」を憎んでいた長女ですが、次女が解いていると気になる。横から要らぬ口出しをして兄弟げんか勃発。とはいえ、理解しているから要らぬ口出しをするし、説明させるときちんと理解しているようです。成長が解決している部分もあるんだなーという印象です。
横からチラっと説くから楽しいのであって、「解いたら?」って言ったら、全力で拒否するのでしょうけれども。

長女は細々とこちらの本を解いています。


PAGE TOP