計算も体力だ!基礎体力は、毎日の積み重ねによって築くのだ。

長女の家庭学習記録, ママ塾開講中

子どもが通う学校でも今週と来週と家庭訪問です。

普段より帰ってくる時間がはやいので、勘弁してよーというのが半分。
普段より時間の余裕があって、家庭学習もはかどるし、ちょっとショッピングセンター行こうか!みたいなことも出来るので、まぁ… たまには良いか^^という感じです。

新体力テスト

上の娘は今年5年生。
最近の体育は、新体力テストの計測をやっているようです。

そしてある日「シャトルランの記録がクラス断トツでビリだった」って。

もともと運動神経が良い子ではないので、運動面はそれほど期待していないのですが…汗 『ダントツで』ビリっていうのは、マズイよねぇ…と思うものの、そりゃそうだ…と納得するところもあり。

だって、小学校1年生から、70m以上走ったことないもーん
外あそびは普通にしてたので、鬼ごっこしてたら70m以上は走ってるかもしれないですけどね。

転校元の学校ですが、学力テストでは頭ひとつ以上抜けてる。ただし、体力テストでは頭ひとつ以上落ち込んでる・・・という学校でした(校長が言ってるんだから間違いない)
学校全体で体力づくりに励みましょう!とはいうものの、休み時間は外で遊びましょう! 全校集会で体を動かす機会を作りましょう!程度でした。スポ少でガッツリ体を動かしている子もいたけれど・・・ 運動はサッパリです!みたいな子もたくさんいたので、運動神経が悪くて恥ずかしい・・・という経験をしたことはありませんでした。

一方で、転校した学校。
学力テスト同様に、学校ごとに結果が公表されています。結果が公表されるとなると、学校側としては良い結果を出したくなるもの?
『体力つくり』として体系的に取組がされていて、マラソン週間・縄跳び週間・サーキットトレーニングなどなど。マラソン大会もあるので、大会前はそこそこ走ってたはず。長女たちの同級生は、1年生のころから、継続的な働きかけをされて4年間を過ごしてきたのです。

結局のところ、体力って継続は力なり。日々の積み重ねがあれば、本人比で成長し続けるということ。

毎日の積み重ねと言えば、計算も?

さて、長女の計算強化特訓も3か月目に入りました。
その1凸凹娘の落とし穴 小4にして足し算が穴だった
その2凸凹娘の落とし穴 小4にして足し算が穴だった その後
その3凸凹娘の落とし穴 小4にして足し算が穴だった その後のその後
その4凸凹娘の落とし穴 小5になっても、足し算が穴だった ほぼ完結編。

いまは、掛け算/割り算を 朝120問 & 夕120問 やっています。
120問を解いて、ノーミスの時もあれば、2-3問ミスもあり。
毎日ノーミスですっ!!!と言いきれれば気持ちが良いのですけど、そこはなかなかね・・・涙

計算得意!とは言わないけど(当たり前!) 計算への苦手意識は薄れてきているような気がします。
淡々と120問を解く姿は2か月前では想像できませんでしたから。

この繰り返しこそが、基礎体力強化!かなー。

コツコツさんが報われる日は来るのかな・・・?

長女さん シャトルランが断トツでビリだったっていうのが、やっぱりショックだった様子。
上で書いたように、転校先の学校の子たちがコツコツ努力してきた過程を説明して、あなたも頑張れば少しずつでも記録は上がっていくと思うよ…と言ったところ、じゃぁ走る!!と。
習い事とか買い物とか自転車で移動することが多かったのですが、自転車を封印。7-800m程度から2㎞までコツコツと走ってます。

私自身はコツコツ勉強することが出来ない子どもでした。
発達がはやい子どもだったので、中学受験は勢いで難関校とよばれる中学に合格しましたが、その後はサッパリ!
そういう経験から、コツコツ出来る子がいちばん強い!と思っているのですが・・・。

コツコツしかできない長女ですが・・・ いつか長女に大きな花が咲き実を結びますように!!!


PAGE TOP