新小2次女の家庭学習について考える

次女の家庭学習記録

我が家  春休みに引越しました。
姉妹それぞれ転校生として新学年スタート!です。
慣れない学校生活に当初グロッキー気味でしたが、新学期はじまって2週間やっと軌道にのったかな…という感じです。

新小2次女 朝勉強

勉強開始が7時頃
勉強終了が7時40分頃 
計算上は、40分程度の時間がありますが、実際に勉強しているのは30分程度かな。

◆公文プリント 5枚
◆ドラゼミ てってい反復けいさんプリント 1枚
◆ドラゼミ 音読 1枚

時間調整 
◆漢字 ドリルのようなものは用意していません。
ドラゼミの今月の漢字だったり、学校で習う漢字だったり、「色」とか「季節」とか 娘と二人でその日のお題を考えて 公文のプリントの裏紙に練習します。

書き順がユルユルの次女のために、いつでも手に取れるところにおいてます。

新小2次女 帰宅後の勉強

いちばん頭を悩ませているのがコレ。 転校先の学校にエネルギーもっていかれる…汗

◆漢字ドリル
◆計算ドリル
◆音読
◆プリント宿題 A4で2枚分

大した量でもないのだけど、種類が多いので、あっちやってこっちやって、計算ドリルをノートに書き写してってやってると… 精神的にお腹いっぱいになるようで…。
ここで終了。まぁいっか。。

新小2次女 週末の勉強

◆公文プリント 5枚 これはデフォ

あとは、本人の気分でその時にやりたいものをどうぞーという感じ。
◆ドラゼミ ドラゼミは進度があるので、あまりに遅れていたらオススメします。
◆絵日記
◆教材あれこれの中から自分でチョイス

賢くなるパズルは、難しくなってきたのと、ちょっと飽きたみたいで、ちょっと敬遠気味。
算数がないなーとは思っていますが・・・ サイーパーのどっかい算あたり を足そうかな。

学校によって宿題の量は違う…

いま住んでいる自治体は、ここ数年自治体をあげて学力向上に力を入れていて、学校ごとの学力テストの結果も公開されています。
※具体的な点数というリアルなものではなくて、概要のみ

自治体として教育委員会からプレッシャーがかかっているのか、学校ごとにプレッシャーがかかっているのかは不明ですが・・・
平均点を上げようと思うと、学力低位層の引き上げ⇒宿題になるのかな…と。
クラスごとの宿題ではなく、学年全体で同じ宿題が出ているようです。

2年生ルーティンの宿題
◆漢字ドリル
◆計算ドリル
◆音読
◆A4プリント宿題 2枚

A4プリントは翌日ってことはないですが、漢字ドリル・計算ドリル・音読カードはその日のうちにチェックされて、お直しには付箋がついて返却されてきます。朝から下校まで子どもたちと一緒に過ごしていて、これをやるのって大変よねー。
宿題出るのは構わないのだけど、漢字1文字1ページとか問題数を稼ぐだけ…みたいな嫌がらせっぽい宿題でませんよーに。

宿題の量と学校全体の学力は比例しない

ちなみに、転校元の学校は、宿題ぜーんぜんありませんでした。

ただし、高学年の通塾率は限りなく100%で中受が50%
となると、ほっといても学力テストの結果は申し分のない結果なんだそうです。
先生も宿題が多いと迷惑でしょうから…と言ってるぐらいなので、宿題=上履き洗いとかね。
いろんな意味でぬるま湯みたいな学校だったな~。


PAGE TOP