凸凹娘の落とし穴 小4にして足し算が穴だった その後のその後

長女の家庭学習記録, ママ塾開講中

発達障害傾向のある長女の計算特訓のその後。

その1凸凹娘の落とし穴 小4にして足し算が穴だった
その2凸凹娘の落とし穴 小4にして足し算が穴だった その後

かんたんに説明してしまうと、計算ミス(ケアレスミス)が多すぎて100マス計算をやってみたけど、ダメダコリャだったというハナシです。

100マス計算以外で演習量を増やす

今までもどこかで書きましたが、長女は計算ドリルまぁまぁやってきているのです。
なので、演習不足っていうことはないと思うんだけどなぁ…と思いながらも、基礎体力不足なのか…?と思いながら、無料プリントのちびむすドリルを試してみました。

小学生の学習プリント – ちびむすドリル【小学生】
お家のプリントからジャンジャカじゃんじゃかプリントが出せるってステキー♪

でも、基礎体力向上を目的とした演習量を増やす!ということを目的にするには量が足りない。
そこで、じゃぁ公文か!と公文のプリントに手をだすことにしました。
LINK公文否定派のわたし。 でも子どもは、公文するもん

ちなみに、公文のプリントを手に入れた時の気持ちは、100マスプリントをやろう!と思ったときと同じ気持ちですw よーし、コレさえやれば、うちの子は計算名人になれるのだ!みたいな。

そーしーて、結果は同じ…爆

何度も書いていますが、長女は今までも演習はそこそこしてきているのです。
ここまで失敗を繰り返して、凸凹娘の長女は演習を繰り返すだけじゃ身につかないんだ…と気づきました。


PAGE TOP