公文否定派のわたし。 でも子どもは、公文するもん 

ママ塾開講中

いちばんはじめにサックリ言ってしまうと、私は公文否定派です。
色々と理由はあるのですが… 結局のところ…

自学自習のプリント学習に6480円払うのが惜しい

これに尽きます。ケチ…w
とはいえ、教育費を無制限に使えたとして…やらないかも?
でも、うちの子供だけ、1日26時間だったら…やるかも? 

公文の月謝 6480円がなぜ惜しいのか

一応、家計的に6480円支出することは可能です。でもそれを払いたくない理由があります。

公文のメリットとしてよく挙げられるのは3つ
・週2回通って宿題が出されることで「強制力」がある。
・個々の進度で進めるので「先取り」が可能
・「繰り返し」同じ問題を解くことで力がつく

我が家には、はじめの2つ「強制力」「先取り」は必要のないことです。
公文ほどの強制力はないにせよ自宅での学習習慣はありますので、動機付けとしての公文は不要。
公文の最大のメリット?である「先取り」をするためには、学校以上の進度で進む必要がありますが、「先取り」を必要としないため「先取り」をするための時間を割きたくない。
⇒うちの子どもだけ1日26時間だったら…というのは、このあたりです。

先取りを目指している子が1日10枚ずつプリントをするならば、1日2-3枚で良いんじゃん?となりますが、1日10枚できる権利があるのに、1日2-3枚しかやらないのはお金がもったいない…汗 となります。 やっぱりケチw
ゆっくり進度で国語&算数で6480円だったら良いのになー。

私が公文の教材に求めるのはしつこいぐらいの「繰り返し」の部分。

公文の教材 オークションで買えちゃった(^^♪

公文?くもん?KUMON?と頭がいっぱいだったときに、そんなに気になるならオークションで教材を買ったらいいじゃんっていう、ネット上の書き込み。超~目からウロコでした。

もちろん正規の流通経路にのっているものではありませんので、欲しい教材・欲しい状態で買える訳ではありませんが… コツコツと欲しいものをポチりました。オークションって出品者の言い値なので、高いものから低いものまで色々で、状態もイロイロではありましたが…。

価格 全体的にはメルカリは休め。ヤフオクはちょい高め。
状態 メルカリよりもヤフオクの方が、状態(商品説明等々)が良いかな。
   
総じていうならば、メルカリは掘り出し物がある!って感じでしょうか。公文の教材にかぎらず、メルカリ=掘り出し物かな。

公文の教材をコピーする

はじめて見た公文の教材の感想は「意外と小さいのねぇ…」

公文に通っていれば、この教材をガンガンともらえると思いますが、自宅学習なのでコピー屋さんに通います。
公文はA5裏表ですが、A4の用紙に2 in 1 で経費削減w 裏表に印刷しても片面でも値段はかわらないので、片面のみ印刷です。裏紙は適宜活用しています。

1学年200枚 1000円でコピーできるってことですね。
1日10枚ずつ20日間で1000円。いまは学年よりだいぶ下の教材をやっているので、1日10枚ずつ進めいていますが、そのうち1日5枚程度になっていくと思うので、そうなると2か月1000円見当でしょうか。

公文のプリント 朝学習として活用中

我が家の朝学習の時間は姉妹共に、3-40分程度です。

今までは、その時の状況に応じて、私がチョイスしたもの(場合によっては本人申告)をやっていました。教材には本人の好みがあって、あれはイヤだ。これはイヤだ。(イヤだばかりじゃないかw) という風な交渉する時間が発生していました。 

でも、公文のプリントをやるようになってからは、スッキリ。
子ども自身、公文の機械的なくりかえしが楽しいとは思っていないようだけど、国語&算数 5枚ずつ!という量はどのくらい頑張れば終わるという見通しが付きやすくてい良いようです。

これって、我が家では不要とおもっていた「強制力」 毎日の動機付けというところでしょうか。
良い感じに運用できているので、しばらくルーティンとして取り入れていこうと思います。


PAGE TOP